2017年 02月 27日

2日目(2/25)〜朝さんぽ

雪山登山を控え、2月24日夕方、前乗りしてペンションにチェックイン。
翌朝6時すぎ起床。外を見ればお天気サイコー♪
驚くことはない。今回、最強の晴れ女が2人いるからね(笑)。

朝ごはん前にシッコ出しを兼ねて朝さんぽへ。
すでにペンション前の道路には、誰かがさんぽした形跡があるよ。
同じく前乗りした恋太家の3バニかな?


▼朝焼けがいい感じ♪ みゆぅ、何もかもが初めての経験だね。
f0137508_1031257.jpg

f0137508_1444594.jpg

f0137508_1031615.jpg


▼道路は凍ってツルツル。コケつつ歩くみゆぅ。脚、くじかないでよーーー。
f0137508_10322558.jpg


▼おバカさんは高いところが好きっていうが(笑)。
f0137508_10325372.jpg

f0137508_10325810.jpg


▼みゆぅ、楽しいね〜♪
f0137508_10333334.jpg

f0137508_10334969.jpg

f0137508_10333869.jpg

f0137508_10334267.jpg


30分ぐらいさんぽし、ペンションに戻る途中、やはり前乗り組の福ちゃん、糸ちゃんの姿、発見!
糸ちゃんとみゆぅは半年違いの姉妹。
糸ちゃんがお姉ちゃんで、みゆぅが妹だよ。

遊び盛りの糸ちゃん&みゆぅ。
お互いを発見した途端、まぁ、遊ぶこと!
体力使い果たさないでよ。朝ごはん後、メインイベントの雪山登山が待ってるんだからね。


▼糸ちゃんが飛ぶ!
f0137508_1036274.jpg


▼みゆぅも飛ぶ!
f0137508_10361134.jpg


▼あとは延々とこんな感じね。
f0137508_10362994.jpg

f0137508_10363431.jpg

f0137508_10363986.jpg

f0137508_10364472.jpg

f0137508_10371097.jpg

f0137508_10372021.jpg


▼おねーちゃんの貫禄で、糸ちゃんの勝ち(笑)。
f0137508_1038953.jpg


さぁ、部屋に戻って朝ごはんにしよう!

# by mukudaimu | 2017-02-27 10:41 | お出かけ | Comments(0)
2017年 02月 26日

初めてのお出かけ

みゆぅ、初めてのお泊まり&お出かけ先は雪国。
宿泊先のペンションではちゃんとイイコで過ごせたし、お友達との交流も◎。
その上、標高2207メートルの雪山登頂にも成功♪

f0137508_22551259.jpg


詳細は明日からだらだらと(笑)。

# by mukudaimu | 2017-02-26 23:01 | お出かけ | Comments(0)
2017年 02月 24日

いってくるねなの

みゆぅね、はじめての おとまりに いってくるの。
そしてね、ゆきのおやまにのぼってくるの。
おにーちゃん、おねーちゃんたちと いっしょにね。
みゆぅね、すっごくたのしみなの。
それじゃ、いってくるねなのーーー♪

f0137508_13445958.jpg


# by mukudaimu | 2017-02-24 13:46 | お出かけ | Comments(0)
2017年 02月 22日

悲しいニュース(長文)

ムクが亡くなるまでの4日間、大変、お世話になった獣医の先生がいる。
その先生が、春一番が吹き荒れた2月17日、亡くなった。


*          *          *          *          *


ムクの不調が表面化したのは、去年7月18日、海の日のこと。
突然、右後ろ脚に力が入らず地面につけなくなったのがはじまり。
以後、10月17日未明に亡くなるまでの間に、じつに6か所の動物病院を転々としたよ。
最後にお世話になった動物病院の院長、この先生がとにかく温かい人柄でね。
ムクが亡くなるまでの4日間、この先生の存在にどれだけ助けられたことか。

それまではムクを連れて病院通いしてたんだけど、いよいよ移動させることができなくなった。
往診してくれる獣医の先生、どこかにいないだろうか。
探してみれば家から徒歩5分の場所に、ひとりで病院を切り盛りする24時間往診可の先生がいたよ。
灯台下暗しとはこのことだね。
動物病院があることは知ってた。でも、それまでお世話になったことのない獣医さん。

初めて往診してもらったのは10月13日夜間のこと。
ムクを襲う痛みや苦しみをとってあげたい。
獣医の先生にお願いしたのはこの一点。
先生は、飼い主の希望を即座に理解してくれたよ。
ムクに与えられた時間がもう残り少ないこともね。

ムクの静脈を確保し、そこから痛み止めのアンプルを注射器で注入する権限を、先生は飼い主に与えてくれた。
緊急事態を理解し、臨機応変に対応してくれたんだろうな。
規則の厳しい動物病院の獣医さんは、そんな権限、決して与えてくれないだろうからね。
年齢が近かったこともあってか、泣き言もいっぱい聞いてもらった。
とっても話しやすい、やさしい先生だったからね。

残念ながら痛み止めの効果はあまりなく、10月15日未明、これ以上ないほど苦しみだしたムク。
時刻は真夜中。失礼は百も承知の上で獣医の先生の携帯に電話を。
「自力で逝けないムクをラクにしてあげてほしい」という内容でね。
真夜中2時、先生が往診に来てくれた。
あれほど苦しんでたムクだけど、先生が到着したころにはやや落ち着きを取り戻してたよ。

「もう少し頑張ってみたら? この子(ムク)はまだ生きようとしてるんじゃないかな」
押しつけで言ったのではないと思うんだ。
飼い主が強固に安楽死をお願いすれば、先生はムクを手にかけてくれたはず。
でもね、先生には、「やっぱりムクには自力で逝ってほしい」って、心からの願いを伝えたよ。
そうしてムクのために鎮静剤のアンプルを置いて、先生は帰っていったよ。

同15日夜、再び先生に往診に来てもらった。
お腹がパンパンに膨らんでるにもかかわらず、もう何日もムクの体からシッコが出ていない。
尿を排泄する力が、ムクにはもうなくてね。
毒素が体内にまわらないように圧迫排尿してもらうことに。
想像以上に大量の排尿をしたムク。お腹はすっきり。気持ちよくなれたんじゃないかな。

翌16日の日中にも獣医の先生に往診を依頼。
先生にムクを診てもらったのはこれが最後。
翌17日未明、ムクは亡くなったからね。
飼い主の目と鼻の先で。恐らく苦しまずに。
ほら、ムクが亡くなった瞬間、飼い主はうたた寝しちゃってたから、正確にはわからないんだ。

ムクを荼毘に付した後、先生のところへお礼のご挨拶に行ったよ。
「つらいときはいつでも話し相手になるから」
先生はそう言ってくれたっけ。
あれから3か月が経過し、みゆぅを迎えてすぐ、先生のところに顔見せとご挨拶をしに。
「寂しくて、寂しくて、寂しくて。どうしようもなく寂しくて、迎えちゃいました」ってね。
「いつでも話し相手になるっていったじゃない。来ればよかったのに」って先生。

あの日から約1か月後。
ある日、車で動物病院の前を通過したら、シャッターがめずらしく閉まってたよ。
見ればシャッターには「喪中」の張り紙が。
先生が病院内で飼ってた体の不自由な猫が亡くなり、それで休診にしたんだろうって疑わなかったよ。
それほどやさしい先生だったからね。

以後、気になりつつ、昨日になってみゆぅの散歩の途中、病院の前を通ってみたよ。
そして「喪中」の張り紙に書かれた「2月17日院長ご逝去」って小さな文字を発見。
その場から動けなくなったよ。
たかが1か月前、元気に会話したあのやさしい先生がもうこの世にいないなんて。
先生が亡くなったこと以外、何もわからない。誰かに情報を聞く術もない。

先生とかかわりあった時間は短いのに、驚くほどショックを受けてる自分がいるよ。
ムクを通してかかわった中味があまりにも濃密だったからね。
先生、いったい何があったんですか・・・・・・
先生、お世話になった感謝の気持ちはとても言葉では言い尽くせません。
先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。


▼ムクが亡くなる2日前の10月15日夜、圧迫排尿をしに来てくれた獣医の先生(バニバニさん撮影)。
f0137508_1334573.jpg


# by mukudaimu | 2017-02-22 13:44 | ムクのこと。ダイムのこと | Comments(0)
2017年 02月 21日

梅園へ

昨日、2時間弱の散歩の途中、梅園へ立ち寄りを。
去年の今ごろは、ここでムクと梅のお花見したっけ。
この1年でムクがいなくなり、代わりに、今、かーさんのそばにはみゆぅがいる。
こんなこと、1年前は想像もしてなかったよ。

f0137508_12193869.jpg

f0137508_1216174.jpg

f0137508_12162133.jpg

f0137508_12162674.jpg

f0137508_12163036.jpg

f0137508_12163416.jpg

f0137508_12163866.jpg

f0137508_12164294.jpg


うちにやって来たときは「スワレ」「マテ」ができなかったみゆぅ。
以後、ゴハン前やオヤツ前、また散歩で道を横断する前には必ず「スワレ」「マテ」の練習を。
その甲斐あってみゆぅは、一見、いっぱしのモデルさんに♪
ムクにはまだまだ、ま〜〜〜だまだ及ばないけどね(笑)。

# by mukudaimu | 2017-02-21 12:27 | お散歩 | Comments(0)